文字サイズ

広島・佐々岡監督 また炎上のスコット起用法「考えないといけないかもしれない」

リリーフ問題に頭を悩ませる佐々岡監督(撮影・西岡正)
2枚

 「ヤクルト9-5広島」(2日、神宮球場)

 広島がサヨナラ負け。抑えのスコットが村上にサヨナラ満塁本塁打を浴びた。

 佐々岡監督が「フォアボールからの連打だからね」と振り返った九回。スコットは先頭の坂口に四球を与え、山田哲、青木に連打を許し無死満塁。4番村上にサヨナラ満塁本塁打を浴びた。

 スコットは6月21日のDeNA戦でも1点リードの九回に登板。無死からソト、佐野、ロペスに安打を浴び無死満塁とされ、宮崎に逆転サヨナラとなる2点二塁打を浴びていた。

 1死も取れずに再びサヨナラ負けを喫した守護神。今後の起用法についての質問に、指揮官は「今終わったばかりだからね」としたうえで「そのへんちょっと、やられ方がやられ方だから。考えないといけないかもしれない」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス