文字サイズ

広島 堂林はサイクルならずも3安打2打点「後ろにつなぐ気持ちで」シーズン2発は4年ぶり

 「中日3-10広島」(28日、ナゴヤドーム)

 広島が快勝。ドラフト1位・森下のプロ初勝利を飾った。

 猛打ショーを演出したのは、好調が続く堂林だった。二回は無死一塁で送りバントを決め、4得点につなげた。三回に二塁打、五回には中堅右へ2号2ラン。「後ろにつなぐ気持ちでしっかり振り抜くことができました。よく入ってくれましたね」。謙遜気味にコメントしたが、勢いはすさまじい。

 七回には右前打でつなぎ、田中広の3ランも呼び込んだ。三塁打を残し、サイクル安打にも期待がかかった第5打席は遊ゴロに倒れたが、3安打2打点で打率・414まで上げた。

 12年には14本塁打をマークしたが、13年以降は低迷。だが、今季は覚醒の雰囲気が漂う。堂林が本塁打を放った試合は13年から1分けを挟んで12連勝中。恐怖の7番として、チームに欠かせない存在となってきた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス