文字サイズ

広島ドラ1森下が乱調、三回までに5失点

3回、中村晃にソロを浴びる森下
2枚

 「オープン戦、広島-ソフトバンク」(15日、マツダスタジアム)

 先発した広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が、ソフトバンク打線に捕まった。

 初回1死から2番・佐藤に四球、盗塁で得点圏に走者を背負うと、3番・中村晃に右前への適時打で先制点を献上。二回は1死から8番・リチャードに初球の147キロの直球を捉えられ、左中間へのソロを浴びた。

 序盤はストライクゾーンの直球で空振りやファウルを奪うシーンが多かったが、ボール球が多く初回だけで28球を費やした。三回は先頭の中村晃に右越えのソロを許し、その後は長谷川勇、上林、西田の3連打で2点を追加された。四回は無失点に抑えた。

 試合前の段階で、オープン戦は3試合に登板して11回で6安打2失点と安定した投球を見せていた。この日は4回を7安打5失点という苦しい投球だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス