文字サイズ

広島・野間が2点タイムリー 左翼争いへ「アピールしていかないといけない立場」

4回裏広島1死二、三塁、中前へ先制の2点タイムリーを放ち、一塁へ駆ける広島・野間峻祥=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「オープン戦、広島2-1西武」(6日、マツダスタジアム)

 広島の野間峻祥外野手(27)がバットで存在感を示した。

 「8番・左翼」でフル出場。第1打席は中飛に倒れたが、1死二、三塁の好機で迎えた第2打席だった。1ボールから西武先発・ニールのチェンジアップに対応。低めの球をうまくバットに乗せ、中前への2点適時打を放った。「アピールしていかないといけない立場なので、結果が出たことは良かったです」と振り返った。

 チームの外野手争いは主砲・鈴木誠が右翼、中軸を打つ西川の中堅が当確。残る左翼のポジションをベテラン・長野や、三塁を基本にしながら左翼での起用もあるピレラ、好調の高橋大らと争う。「1打席1打席、無駄にせず、出たところで勝負していきたい」とアピールの継続を誓っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス