文字サイズ

広島ドラ1森下 熱投75球 視察の江夏氏「十分即戦力。新人王も狙える」

ブルペンで投球練習する広島・森下暢仁はチェンジアップを投げる=日南(撮影・山口登)
2枚

 「広島春季キャンプ」(10日、日南)

 広島のドラフト1位森下暢仁(明大)が、ブルペンに入り、今キャンプ初めてチェンジアップを投げた。

 その他には直球やカーブを織り交ぜ計75球を投げた。

 捕手の後ろには球団OBでもある江夏豊氏が視察に訪れていた。江夏氏は「十分即戦力。縦のカーブをうまく使えれば幅も出る。先発ローテーションの一角となって1年間投げることができれば、二桁勝てる要素はある。新人王も狙えるだろうし、大きく育ってほしいね」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス