文字サイズ

会沢3年6億4000万円 「大変いい評価」セ界捕手最高年俸に 

 広島・会沢翼捕手(31)が20日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、9200万円から大幅増となる3年総額6億4000万円プラス出来高払い(来季年俸1億8000万円)で更改した。既に国内FA権を行使せずに残留を表明しており、来季のV奪回を宣言。さらに今秋のプレミア12で世界一に導いた侍ジャパンの正捕手は来年の東京五輪出場も熱望した。(金額は推定)

 会沢は“翼”を背にニッコリ笑った。「ありがとうございます。わざわざ作っていただいて」。撮影後はカメラマンに感謝。誠実な男らしい振る舞いに、ナインから慕われる人柄がにじみ出ていた。

 「3年契約。総額6億4000万円プラス出来高。大変いい評価をしていただきました」

 会見の冒頭、おとこ気にあふれる会沢は契約内容を公表した。既に国内FA権を行使せずに残留を表明しているが「カープが好きなのでね」と改めてカープ愛も語った。

 来季年俸1億8000万円はセ・リーグ捕手ナンバーワンで、17年石原の1億2000万円を抜き、球団捕手史上でも最高年俸。名実ともに球界を代表する捕手にまで上り詰めた。

 3年連続ベストナインに輝いた今季は自己最多126試合の出場で打率・277、12本塁打、63打点。得点圏打率・351はリーグトップ。鈴木球団本部長からは「数字的にも、捕手としても打者としても素晴らしい。中心の人物。(他の選手からも)尊敬の言葉を聞いた。力も人間性も備えている」と最大級の賛辞を贈られた。

 来季は「優勝しなくちゃいけない、するんだという強い気持ちを持ってやりたい」とV奪回を宣言。来夏の東京五輪も「正直な話、出たいですし、鼻息荒くいきたい」と言い切った。今秋のプレミア12では世界一に貢献。侍ジャパンの正捕手は気合満々で五輪イヤーへと向かう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス