文字サイズ

野間が判断ミス、西川が後逸…決勝点献上のきっかけつくる

 「阪神6-5広島」(11日、京セラドーム)

 広島は救援陣が踏ん張れず、終盤に4点を失い逆転負けを喫した。

 5-2の八回だ。今村が3連打を浴びて2失点。1死三塁から登板したフランスアも阪神打線の勢いを止められない。さらに野手にもミスが生まれた。糸原が中前に放った打球は、突っ込んできた中堅・野間の前で高く弾んで頭上を越えた(記録は二塁打)。さらにカバーに入った左翼・西川が右手で取りにいくも捕球できずに後逸し、三塁への進塁を許した。

 結果的に1死三塁から陽川が放った遊ゴロで三走が生還し、痛すぎる決勝点を与えた。

 野間は「(打球を)取りたい思いもあって(前へ)詰め過ぎた。中途半端になってしまった」。西川は「僕がただ焦っただけ」と悔しさを言葉に変えた。

 八回に登板した今村は「甘い球を打たれた。(球は)悪くないけど、結果的に打たれている。切り替えて頑張ります」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス