文字サイズ

佐々岡コーチ苦悩の表情「大地の代わりはいない」「中村祐太は期待外れ」

 「DeNA13-3広島」(28日、横浜スタジアム)

 広島・佐々岡真司投手コーチは試合後、苦悩の表情でバスまでの通路を歩いた。

 先発大瀬良が7失点でKOされ、「ボール自体はスピードと強さがあったように見えたけど、あれだけ打ち返されているということは投げ切れていないということ。コントロールに甘さがあった」と説明。ただ、「大地の代わりはいない」と次回の巻き返しに期待を寄せた。

 4番手の中村祐も誤算だった。5月5日・巨人戦以来のマウンドで2回を投げ5安打6失点。佐々岡コーチは「中村祐太は期待外れだった」と2軍降格を示唆。続けて「中を変えるということは先発も変えないといけない」と渋い顔。ロングリリーフとして期待していた右腕の乱調で先発ローテに影響が及ぶ可能性が出てきた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス