文字サイズ

カープ連敗 ミスに泣く…ドラ1小園の痛恨トンネルから3失点

 6回、エラー後、松山、菊池涼らに声をかけられる小園(左)=撮影・飯室逸平
2枚

 「交流戦、広島2-3オリックス」(22日、マツダスタジアム)

 広島が接戦を落とし、連敗を喫した。首位巨人とのゲーム差は1・5となった。

 六回に致命的なミスが出てしまった。無死一塁から吉田正の放った遊撃へのボテボテのゴロを、ドラフト1位・小園が痛恨のトンネル。6-4-3の併殺コースで素早くトスしようと焦り、腰が浮いてしまった。

 2死無走者のはずが、無死二、三塁とピンチが広がり、中川が2点適時打。先制を許した。さらに1死二塁から小田の右前へのライナーに対し、右翼手・鈴木がスライディングキャッチを試みたが、グラブに当てながら捕球できず。1死一、三塁から若月の三ゴロで、三本間での挟殺プレーとなったが、捕手の磯村が三走と接触してしまい、走塁妨害。3点目を失った。

 スタメンに大抜てきされている小園は、初回の守備でも平凡なゴロを失策。打撃では六回、得点につながる二塁打でプロ初長打&プロ初マルチをマーク。非凡な才能を示したが、守備では2戦で3失策。試練が続いている。

 先発アドゥワは6回3失点(自責0)で3敗目。

 オリックスは2連勝。荒西が六回途中1失点でプロ初勝利を飾った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス