文字サイズ

広島 西キラー・西川の適時打で先制 出場12試合連続安打

4回、西川は中前に先制となる適時打を放つ(撮影・山口登)
1枚拡大

 「阪神-広島」(17日、甲子園球場)

 西キラーだ。広島・西川が四回に、阪神先発・西から先制タイムリーを放った。

 好投を続ける西にあっさり2アウトを取られたが、バティスタの打球を一塁マルテがはじくヒット。続く鈴木が四球を選び、一、二塁とすると、西川がしぶとく中前へ打球を落とし、バティスタが懸命の走塁でホームを陥れた。

 西川は「チェンジアップかな。うまくバットに乗せて打つことができました」と、先制打を振り返り「バティスタがよく走ってくれましたね」と同僚にも感謝を忘れなかった。

 前回、4月7日には完封負けを食らった相手だが、その時も西川は2安打と相性の良さを見せていた。西川はこれで出場12試合連続安打となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス