文字サイズ

逆転のカープ 3連勝で貯金「2」 全員野球で首位巨人に2差 選手会長「助け合いだから」

 5回、2点タイムリーを放ち一塁上でガッツポーズする安部(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島9-4ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

 広島が今季7度目の逆転勝利で貯金を今季最多の「2」とした。3-4の五回に敵失で同点。会沢の押し出し四球で勝ち越し、安部の2点中前適時打で突き放した。打線は今季初の先発野手全員安打となる13安打で9得点。「逆転のカープ」が復活し、首位・巨人に2ゲーム差に迫った。

 一丸で勝ち取った価値ある白星だ。マツダスタジアムを埋めた鯉党から拍手喝采を浴びながら、ナインは何度も白い歯をこぼした。スタンドへのあいさつ時にも充実感がにじむ。今季初の先発野手全員安打となる13安打9得点。劣勢をはね返しての大勝だ。

 「今日は打線。上位が出塁して得点につなげ、下位も勝負強さを見せてくれた。つながりがあったね」。7度目の逆転勝利。緒方監督はたくましい戦いぶりに目を細めた。

 毎回安打で三者凡退は一度もなし。最後まで攻め続けた。3-4の五回は野間が左前打で出塁すると、2死一、三塁から鈴木の打球を三塁・村上が適時失策。相手ミスで同点に追い付いた。

 たたみ掛ける攻撃は相手をのみ込んだ。四球でつないで2死満塁とすると、会沢が内角球を見極め、勝ち越しの押し出し四球。さらに安部の2点中前適時打で、この回4点を奪った。

 安部は試合前時点で対左投手の打率は・238だった。苦手意識を振り払うかのように、外角スライダーに食らいついた。「左投手でも使ってもらっている。覇気を出していった」。結果を出し、胸をなで下ろした。

 攻撃の手を休めずに得点を重ねる姿は、本来の輝きだ。野村が3回2/3を8安打4失点で降板。この試合まで、先発が五回を投げきれなかった試合は9敗1分けだった。「助け合いだから。祐輔(野村)も必死に投げている。その気持ちをくみ取っている」と会沢。同じ方向を目指して戦っている選手の思いを言葉に変えた。

 3、4月は開幕ダッシュに失敗。借金が最大「8」まで膨らんだ時期があった。だが、鯉の季節の5月に限れば8勝3敗1分け。新元号の令和では“首位”を走る。リーグ3連覇を成し遂げたチームの底力を示している。

 首位・巨人とは2ゲーム差。会沢は「一戦一戦というのは変わりないけど、今日を取れたのは大きい。明日は大地(大瀬良)が投げる。相手にプレッシャーをかけられた」と力を込めた。4連勝を目指す一戦。全員でエースの背中を押す。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス