文字サイズ

西川龍馬 竜党落胆させるV三塁打 チームを4連勝に導く

延長10回、西川は左翼線に勝ち越しとなるタイムリー三塁打を放つ
3枚

 「中日2-7広島」(6日、ナゴヤドーム)

 広島の西川龍馬外野手(24)が延長戦に決着をつけ、チームを4連勝に導いた。

 2-2で迎えた延長十回。1死一、三塁で4番の鈴木が申告敬遠され満塁となって西川は打席に入った。絶好の勝ち越しチャンス。動じることなく谷元が投じた初球に食らいついた。打球は左中間を割る三塁打となり、3人の走者が生還。続く安部は、谷元からトドメの2ランを右翼へ撃ち込んだ。

 鮮やかな勝ち越しのV三塁打を放った西川だが、「5番・左翼」でスタメン出場したこの日は、中日の先発福谷の前に右飛、四球、二ゴロ、見逃し三振。もやもやが続いていた。

 試合後のヒーローインタビューには竜党を落胆させた龍馬が笑顔で登場。目の前で鈴木が敬遠され満塁で打席がめぐってきたことを聞かれ「初球からいこうと思ってたんで、ヒットになってよかったです」と安堵の顔。「何とか粘って粘って、みんなで勝ち取った勝利です!」と高らかに雄叫びを上げた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス