文字サイズ

セ界王者まさか、開幕から6カード連続勝ち越しなしの異常事態 誠也の一発もまた空砲

 4回、選手交代を告げベンチへ戻る緒方監督=鹿児島・平和リース球場(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「巨人8-2広島」(16日、平和リース球場)

 4連覇を目指す広島が巨人に敗れ、開幕から6カード連続で勝ち越しなしという異常事態となった。

 広島は先発ジョンソンが初回2死一、二塁からゲレーロに左前適時打を許し先制された。二回には1死満塁から丸の三ゴロで1点を失うと、なおも2死一、三塁からビヤヌエバの左翼へのライナーを松山が照明を目に入れ、後ろにそらし(記録は二塁打)、この回3点を失った。

 三回まで無安打の広島打線は、四回に鈴木の2試合連続7号ソロで反撃開始。1死満塁から3回4失点のジョンソンに代わって打席に入った西川が中犠飛を放ち2点差とした。

 しかし七回、3番手菊池保の2安打と2暴投などで2点を失った。七回には4番手の矢崎が岡本、陽岱鋼にソロを許し万事休した。

 球団初の開幕から5カード連続負け越しの広島は、2回り目の巨人との対戦で敗れた。このカードは鹿児島、熊本の2連戦で初戦を落としたため開幕から6カード連続で勝ち越しなしとなった。これで4勝12敗で借金は「8」と膨れあがった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス