文字サイズ

大瀬良、七回まで0封 丸は3三振に仕留める

1回、丸(8)を三振に斬る大瀬良(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島-巨人」(29日、マツダスタジアム)

 広島先発の大瀬良が、第3打席まで丸を完璧に封じ込んだ。

 昨年までのチームメートは「3番・中堅」で先発出場。初回の第1打席で内角低めへのカットボールをハーフスイングさせて空振り三振を奪うと、四回の第2打席も外角高めのカットボールで見逃し三振。さらに六回の第3打席もカーブで空振り三振に仕留め、3打数3三振と完璧な投球を見せた。

 昨季、最多勝を分け合った巨人・菅野とのエース対決。本拠地の大歓声を背に力投する右腕は直球、変化球を低めに集めて終盤まで力投。七回まで5安打無失点に抑え込み、1点のリードを守っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス