文字サイズ

安部&ロッテ・加藤 ほぼ同時に12球団最速弾

3回広島1死、安部が右越えに先制のソロを放つ(投手は菅野)=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
3枚

 「広島-巨人」(29日、マツダスタジアム)

 「8番・三塁」で先発した広島・安部が、三回無死から先制の1号ソロを放った。巨人先発・菅野の高めのカットボールを鋭く振り抜き、右翼席へライナー性の打球で運んだ。

 「良い投手なのでとにかく積極的に打ちにいった。形にこだわらずにしっかりと入っていけた」

 オープン戦では打率・195と調子が上がらなかったが、しっかりと開幕スタメンの期待に応え、「チームとして先に点を取ることができて良かった」とコメントした。

 その一撃と同時に、ロッテ-楽天が行われているZOZOマリンスタジアムでは、ロッテ・加藤が右中間にソロ。マツダスタジアムより30分遅れでスタートした初回、楽天・岸の2球目を右翼席に運んだ。

 2019年シーズンの12球団最速弾の誕生は、ほぼ同時のタイミング。ホームインはやや加藤のほうが早かったが、両スタジアムからは大歓声が沸き起こっていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス