文字サイズ

誠也、4号2ラン!打点は12球団トップに躍り出る

5回、2ランを放ちナインと共に歓喜する広島・鈴木誠也=ヤフオクドーム(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「オープン戦、ソフトバンク0-4広島」(22日、ヤフオクドーム)

 広島の4番・鈴木が五回2死一塁から右翼へ4号2ランを放った。「高めに浮いてきた球をしっかり仕留められて良かった。追い込まれてからでも自分のスイングができた」。弾むような足取りでダイヤモンドを一周した。

 二回の第1打席は四球を選び、四回の第2打席は右中間を破る二塁打。右方向へ打球が飛んでいるのも状態が良い証拠だ。「特に右方向を意識しているわけではない。いい感じでバットが出ているのでコースなりに飛んでいる」とうなずいた。

 好調さは数字にも表れている。本塁打は日本ハム・大田の5本に次ぐ数字で、14打点は楽天・ブラッシュの13打点を抜いて12球団トップに躍り出た。「内容と結果が伴っている。(オープン戦)残り2試合もしっかりやっていきたい」と、頼もしい言葉を口にした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス