文字サイズ

矢崎がセットアッパーに名乗り 回またぎもクリア「低めに投げました」

 「オープン戦、DeNA4-4広島」(24日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 広島・矢崎拓也投手がセットアッパーに名乗りをあげた。七回、無死二塁の場面で登板。次打者の犠打で三塁に進塁されたが、気迫あふれる投球で後続を断った。

 「犠飛より、ゴロを打たせようと思って低めに投げました。落ち着いて1人1人投げようと思っていました」

 続く八回も無失点に抑え、イニングまたぎをクリア。「変化球の後の直球が浮いた」と課題も口にしたが、大卒3年目を迎えた剛腕に開花の予感が漂う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス