文字サイズ

4番の鈴木が1号弾 紅白戦で2安打2打点と存在感「しっかりスイングできた」

3回2死、広島・鈴木誠也は左越えにソロを放ち生還する=日南(撮影・山口登)
3回2死、広島・鈴木誠也は左越えにソロを放つ=日南(撮影・山口登)
3回2死、広島・鈴木誠也は左越えにソロを放ち生還する=日南(撮影・山口登)
3枚3枚

 「広島紅白戦、紅組0-7白組」(11日、天福球場)

 鈴木誠也外野手が今キャンプ初となった紅白戦で、白組の「4番・右翼」で先発し、“今季1号”を含む3打数2安打2打点と抜群の存在感を示した。

 まずは一回の第1打席。1死一塁から薮田の2球目、外角直球を右中間へ運び、先制の適時二塁打をマークした。2-0の三回2死走者なしでは、カウント3-0から平岡の直球を強振。打球は左翼芝生席へ着弾した。

 初実戦で好結果を示した若き主砲。「しっかり振っていこうと決めて打席に入っていた。結果どうこうより、しっかりスイングできたのが良かった」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス