文字サイズ

中村奨、体重増で開幕1軍つかむ 目指す!オフに80→85キロ!

体重を増やして開幕1軍を目指す中村奨 
1枚拡大

 広島・中村奨成捕手(19)が2日、オフ期間に現在の体重80キロから5キロの増量を目標に掲げ、頑健な体作りと打力アップを図る姿勢を示した。ルーキーイヤーの今季は1軍昇格なし。今春のキャンプ中などに発してきた開幕1軍の目標は今オフもぶれずに持ちながら、一日一日を過ごしていく。

 プロとして迎えた初めてのオフ。中村奨は飛躍への道を明確にし、前を向き続けている。「体作り」を第一に、現在の体重約80キロから85キロへの増量を目指す。「筋トレもだし、ガバガバ食べながらですね。脂肪になったら駄目なので、うまくやりながら。体ができればちょっとは変わるんじゃないかと思う」と熱っぽく話した。

 それだけ己の体に物足りなさを感じた1年目だった。今季1軍出場はなく、ウエスタンで83試合に出場し、打率・201、4本塁打、16打点。「疲れも出てくるし、パワーもないから打球も飛ばない」と実感した。少しでもたくましい体にすることで打力もアップさせ、好結果を持続させていく姿勢だ。

 もちろん技術面の向上も欠かせない。左腰が浮き、伸び上がる癖や下半身をどっしりとできていないことが反省点だったという。「課題を復習しながら改善して、今年とはちょっと違ったスイングを来年できるようにしたい。とにかく一番は振ること」と黙々とバットを振り込んでいる。

 年内は広島で、1月は沖縄でも自主トレを行う予定だ。「開幕1軍というのはぶれずに毎年掲げていきたい。まずは来年一発目からいいものを見せられるようにしたい」。後輩たちも入ってくる来季。闘う心を胸に、大きく飛躍を遂げるための土台を作り上げる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス