文字サイズ

岡田、愛の力でローテ死守 新婚ホヤホヤ…おもい球トレで新妻のおもいに応える

トークショーで夫人の似顔絵を披露する岡田(撮影・飯室逸平) 
1枚拡大

 広島・岡田明丈投手(25)が25日、広島駅ビルの「ASSE」でトークショーを行い、今オフは重量ボールを使ったトレーニングを行い、来季の年間ローテ死守を誓った。今季は開幕ローテ入りしたが、終盤から中継ぎに配置転換。22日に結婚発表した右腕は波のない成績を残すためにも肩周りを強くし、先発の椅子に座り続ける。

 約100人の鯉党が目を輝かせながら見つめるトークショー。その中で岡田はプロ4年目の来季へ向けたオフのプランを口にした。「肩周りを強くします。重い球を投げたり。1キロとか。強めに投げます」。年間通じて安定した球を投げ続け、好成績を残すためだ。

 今季は開幕ローテに入ったが終盤は中継ぎに配置転換。8勝7敗、防御率5・09の結果に終わった。「序盤は良かったけど中盤から後半にかけてストレートの精度が落ちてきた」と課題は明確。そのため、これまでオフに行ってきたアメフットのボールを使ったトレーニングも継続しながら、今オフは「(野球ボールに)近いもので遠くに投げられる大きさで。ソフトボールでもいい」と、新たなメニューを採り入れ、強固な肩を作っていく。

 安定感を示すことで先発ローテ返り咲きも目指す。「先発ローテーションで最後まで投げきりたいと思います」。中継ぎで経験した「一発勝負というところ」の心構えも生かしていく算段だ。

 22日には会社員の一般女性との結婚も発表。この日は新妻の似顔絵を描く一幕もあった。心境の変化には「今まで通りです」としたが、「生姜(しょうが)焼きはよく食べます。生姜が好きです」と白い歯をのぞかせた。必死のオフを過ごし、先発での再起を図る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス