文字サイズ

誠也&安部 2発の空中戦も…同一チーム1試合2人が2本は史上初

 8回、満塁弾を放った安部を迎える野間(左)と会沢(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク9-8広島」(30日、ヤフオクドーム)

 広島は両軍合わせ6発が飛び出す空中戦を制すことはできなかった。鈴木誠也外野手と安部友裕内野手がそれぞれ2本のアーチ。同一チームで2人が1試合2本塁打を放つのは日本シリーズ史上初めての記録となった。

 鈴木は3点差となった六回に、自身初めてとなる日本シリーズでのアーチを右翼へ運んだ。八回には「自分のスイングでしっかりと捉えることができました」と甘く入った直球を捉え、左翼席へ2打席連続本塁打。反撃ムードを呼び込んだ。

 安部は先制を許した直後の五回に反撃のソロを右翼席へ突き刺した。八回1死満塁で迎えた第4打席では、「チャンスだったので何とかしたい」と食らいつき、この日2本目のアーチとなるグランドスラム。この回、一挙5得点の猛攻の立役者となった。

 日本シリーズでは球団最多の1試合16安打を放ちながら、あと一歩届かなかった。鈴木は「明日切り替えてしっかりやりたい」。打線は好調なだけに、投手陣の踏ん張りに期待が懸かる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス