文字サイズ

九里、鷹狩り連勝へ 強気に内角エグる!大瀬良、ジョンソンに続く!

 広島の投手指名練習が29日、福岡市内のヤフオクドームで行われ、九里亜蓮投手(27)、野村祐輔投手(29)、大瀬良大地投手(27)が参加した。30日の日本シリーズ第3戦に先発する九里は第1、2戦を参考にしながら、直球を軸に強打者たちの内角を強気に攻め、勝利を呼び込むことを誓った。

 自身初めてとなる日本シリーズ登板を翌日に控えても、九里に気負いはない。敵地でキャッチボールやダッシュなどを行い、最後はマウンドの硬さや傾斜を確認した。その後、大勢の報道陣に囲まれると、落ち着きながら決戦への意気込みを口にした。

 「日本シリーズの舞台は、なかなか立てる場所ではない。でも特に何かを考えているということはないです。シーズンと同じように投げたい。いつも通り、持っている力を出したいと思っています」

 ソフトバンクを相手に心掛けるのは、シーズン同様、強気の投球だ。今季、ローテを守り続けられたのは、自信を持って直球を投げ込めたから。一方で内容、結果が伴わなかった試合は、変化球でかわそうとし過ぎたという。切れ目のない鷹打線だからといって「気後れすることなく、ゾーンの中で勝負していきたい」。逃げの投球をするつもりはない。

 投手陣は2戦合計で3失点。個人に目を移せば、得点源の柳田を計6打数1安打、打率・167に封じ込めている。内角へ攻め続ける投球が奏功したと言っても過言ではない。

 「僕は大瀬良やジョンソンと違い、あそこまで速い球は投げられない」とした一方で「インコースを使いながらの投球が見られた。大瀬良にもどんな感じだったかは聞きました」。積極的に懐をえぐるつもりだ。

 今季は6月17日の交流戦で対戦した。九回にデスパイネに2ランを浴びるなど3点を許したが、八回までは3安打1失点と好投し、9回6安打4失点で完投勝利を手にしている。場所もヤフオクドーム。「嫌なイメージはない」。自信を持って大一番へ臨める。

 1勝1分けでバトンを受ける。勝利で終えることができれば、34年ぶりの日本一へまた一歩前進する。「打たれることを恐れずに1人1人、1つ1つのアウトを積み重ねていく」。シーズンの投球が緒方監督の心をつかみ、託された第3戦の先発マウンド。ヤフオクドームでの日本シリーズ9連勝中の鷹を止めてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス