文字サイズ

丸に待望の今シリーズ初打点 犠飛で追加点をたたき出す

3回、犠飛を放つ広島・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「日本シリーズ・第2戦、広島-ソフトバンク」(28日、マツダスタジアム)

 広島・丸に待望の今シリーズ初打点が生まれた。

 1点リードの三回、田中の右前打と敵失でつかんだ無死二、三塁の好機。バンデンハークの直球に差し込まれながら、左翼ファウルゾーンへの飛球を打ち上げた。左翼手デスパイネがファウルエリアのフェンスに激突しながら好捕。結果的に左邪飛となり、三走の田中がタッチアップから生還した。

 前夜は4打数無安打2三振。この試合も初回の1死三塁で空振り三振。タイミングが合っていなかったが、何とか貴重な追加点をもたらした。

 この試合、初回は4番・鈴木のボテボテの遊撃内野安打で先制点。クリーンアップ2人が、泥臭く打点を挙げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス