文字サイズ

天谷が引退セレモニー「3連覇のチームの一員、誇りに思う」

 引退セレモニーでナインから胴上げされる広島・天谷宗一郎
引退セレモニーでスピーチする広島・天谷宗一郎=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
(左から)奏子夫人、咲希ちゃん、唯花ちゃんと記念写真におさまる天谷(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「広島0-4巨人」(4日、マツダスタジアム)

 今季限りで現役引退する広島・天谷宗一郎外野手が試合終了後、引退セレモニーに臨んだ。

 背番号「49」はマウンド付近でナインから胴上げされ、「夢、希望があふれた素晴らしい球場で17年間、必死に野球をやってきました。カープは3連覇をし、チーム一丸となり、本当に強いチームとなりました。チームの一員になれたことを本当に誇りに思います」などとあいさつした。

 試合には「1番・中堅」で先発出場。初回の守備では、坂本勇の打球を背走して好捕。その裏の打席では巨人先発の菅野と対戦し、捕ゴロに倒れたが、笑顔でプロ野球人生を締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス