文字サイズ

広島が連敗を6でストップ マジック2つ減って「7」

 「広島7-2DeNA」(12日、マツダスタジアム)

 広島が連敗を6で止めた。優勝マジックは対象チームのヤクルトが巨人と引き分けたため、2つ減って「7」になった。

 1点をとりあった後の七回、1死三塁から丸が勝ち越し適時打を放った。さらに、鈴木、松山も続いてリードを広げた。

 七回には菊池が1死満塁から走者一掃の適時三塁打を放ちダメを押した。

 “レジェンド”の新井が今季限りでの引退を表明した後、白星から遠ざかっていたが、チーム一丸で重苦しい雰囲気を振り払った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス