文字サイズ

誠也 4ボール2ストライクから二ゴロ 四球に誰も気付かず…

 「広島3-2中日」(9日、マツダスタジアム)

 広島の三回の攻撃で、審判のカウント間違いによる珍現象が起こった。

 1死走者なしから打席には鈴木。カウント3ボール、2ストライクからの8球目の判定はボールとなった。本来は四球のはずだが、津川球審や他の審判員も気付かず、プレーが続行された。

 その後ファウルを一球挟んで、鈴木はカウント4ボール、ストライク2から二ゴロに倒れた。

 試合後、鈴木は本来3ボール、2ストライクとなる場面で電光掲示板のカウントが2ボール、2ストライクだったといい、「気付かなかった。気付いていたら一塁に行っていた」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス