文字サイズ

ソフトバンクからトレードの曽根が会見「田中さん、菊池さんに追いつけるよう」

ユニホームに袖を通し、カープでの活躍を誓う広島・曽根海成=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚

 ソフトバンクから広島にトレード移籍した曽根海成内野手が27日、マツダスタジアムで入団会見に臨んだ。

 黒色のスーツに赤いネクタイを着用し会見場に姿を見せた23歳。自身の持ち味を「守備と走塁」と説明した。主に二遊間を守れる内野手で「カープの二遊間は田中さん、菊池さんとお手本になる人たち。そこに少しでも追いつけるように、追い越せるようにやっていきたい」と力を込めた。

 ウエスタンでは今季39試合に出場し、打率・316、0本塁打、8打点。背番号59のユニホームに袖を通し、「1からではなくゼロからのスタートと思って、必死にアピールして頑張っていきたい」と意気込みを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス