文字サイズ

緒方監督 選手の粘りを評価「いい攻撃ができていた」

 「中日1-5広島」(16日、ナゴヤドーム)

 広島が後半戦の初戦を白星で飾った。序盤に丸と松山のアベック弾でリードを奪うと、その後も小刻みに得点した。先発ジョンソンも7回1失点の好投で6勝目をマークした。

 試合後、緒方監督は「投手陣がピンチを迎えても、粘り強くしっかり抑えてくれた。野手も1点1点、追加点を取ってくれた。最後のダメ押しもあっていい攻撃ができていた。ナイスゲーム」と満足そうにうなずいた。

 指揮官は二遊間の好守も評価。「広輔(田中)にしてもキク(菊池)にしてもナイスプレーだった。しっかりピッチャーを助けるプレーをしてくれた」とたたえていた。

 また自打球を当てて途中交代した鈴木については「大丈夫、大丈夫」と繰り返してた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス