文字サイズ

広島新助っ人ヘルウェグが初シート打撃 最速156キロ「真っすぐも走っていた」

 シート打撃で打者相手に投球する広島・ヘルウェグ=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 広島の新助っ人ジョニー・ヘルウェグ投手(29)=前パイレーツ傘下3A=が12日、マツダスタジアムで来日初のシート打撃に登板した。

 打者5人に対して2安打2四球を許したが、最速156キロを3度マークした。約20日ぶりとなる実戦形式のマウンドに「実戦期間が結構空いていたけど、体調は良くて、真っすぐも走っていた。投げるタイミングのズレがあったので、そこは修正したい」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス