文字サイズ

広島 西川が同点適時打 試合は同点のまま五回終えて降雨中断

 「交流戦、広島-西武」(30日、マツダスタジアム)

 広島の西川龍馬内野手が同点の2点適時打を放った。

 0-2の四回無死満塁で、十亀の変化球を左前へ運んだ。この回は先頭・松山の二塁内野安打をきっかけに野間が左前打。会沢も左前打を放ち3連打でつくった好機だ。

 「打ったのはスライダーかカットボール。良い流れでつないでくれたので、自分もその流れに乗って後ろにつなぐ気持ちでいきました。来たボールに逆らわず、引きつけて打つことができました」

 二回の第1打席は二塁内野安打を放った。2打席連続で結果を残した。

 試合は2-2の同点で五回、広島の攻撃を終えて、降雨のため中断している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス