文字サイズ

広島、強力西武打線に力負け「粘り強く攻撃された」

 「交流戦、広島3-7西武」(29日、三次きんさいスタジアム)

 広島が交流戦初戦に敗れた。強力西武打線に12安打され、7得点を奪われた。

 試合後、緒方監督は「粘り強く攻撃されたような感じだ。こっちもチャンスを作っているし、もう一本というところ」と振り返った。

 先発・中村祐の投球については「全体的に浮いていたが、悪いときより戻っている」と分析。野間のプロ初の5番起用に関しては、「今(調子が)いいでしょう」と抜てき理由を明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス