文字サイズ

カープ中村祐 打球直撃「踏ん張れない感覚がありました」 2戦連続4回KO

1回、打球を右足に受け、ナインに抱えられて担架に乗せられる広島・中村祐太(中央)=宇都宮清原球場(撮影・西岡正)
1回、坂本勇の打球を右足に受ける中村祐(撮影・西岡正)
2枚2枚

 「巨人8-0広島」(22日、宇都宮清原球場)

 広島の中村祐太投手が、4回7安打4失点(自責点3)で2敗目を喫した。

 初回、坂本勇が放った打球がワンバウンドして左膝の内側を直撃するアクシデントがあった。マウンドに倒れ込むと一度、ベンチ裏へ。アイシング治療を受け、再び仕事場へ戻った。

 だが続く吉川に四球を与えるなど1死満塁のピンチを招くと、岡本の三ゴロ併殺打崩れの間に先制点を奪われた。

 0-1の三回には吉川の中前打をきっかけに走者をためると3点を失い、この回で中村恭との交代を告げられた。打球が当たったことが直後の投球に影響したか?と問われた中村祐は「踏ん張れない感覚がありました」と話した。四回の3失点については「実力不足。(四球などで)無駄なランナーを出したことが失点につながった」と唇を結んだ。

 今季初黒星を喫した前回15日の中日戦(ナゴヤドーム)は4回8安打6失点だった。2試合連続でのKO劇にも緒方監督は「前回より良かった。(きょうは)先頭だけでマウンドを降りる訳にはいかないという、気持ちの部分は見せてもらった。次回に期待をしたい」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス