文字サイズ

14点で大勝の広島 2HRの菊池、新井復帰で「何かが起きると思ってた」

阪神に大勝し、広島・菊池涼介(33)らナインを出迎える広島・新井貴浩(中央)=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「広島14-1阪神」(11日、マツダスタジアム)

 広島が今季最多の5本塁打を放ち、大量14点を奪って阪神に快勝した。

 2番の菊池が一回に先制の6号ソロ、七回にはダメ押しの7号3ランを放ち、チームの勝利をけん引した。

 試合後のヒーローインタビューでは「皆さんご存じと思いますが、今日から新井さんが帰ってきてますんで、何かが起きると思ってました」と話し、場内の笑いを誘った。

 左ふくらはぎ痛で開幕1軍を外れていた新井が今季初めて「5番・一塁」でスタメンに復帰。チームの顔が戦列に戻ってきたことで、広島ベンチが活気づいた。

 その新井は一挙6点を奪った初回の猛攻の中では三振に倒れたが、二回の第2打席では健在を猛アピール。左中間へ適時二塁打を放ち、復帰即で今季初安打、初打点を刻んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス