文字サイズ

会沢、連続死球から意地のタイムリー「何とか食らいついていきました」

 「広島-巨人」(1日、マツダスタジアム)

 広島が4-3の五回、2点を奪い巨人を突き放した。

 1死一塁から会沢が左翼線を破る適時二塁打を放つと、さらに2死一、三塁から菊池が右前適時打を放った。

 会沢は二、三回で2打席連続死球。三回には投球直撃後に山口俊をにらみ返したことが引き金となり、両軍がベンチを飛び出し一触即発の事態までなった。適時二塁打は真ん中に甘く入ったフォークを確実に捉えた一打。「次につなげる気持ちで何とか食らいついていきました」と振り返った。

 この回、2点目を生み出した菊池は「チャンスで2度、凡退していたので必死にいきました」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス