文字サイズ

野村4回で降板 3点リード守れず「自分の投球ができませんでした」

2回、DeNA・梶谷隆幸に適時打を浴びた広島・野村祐輔=横浜スタジアム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「DeNA-広島」(26日、横浜スタジアム)

 広島の野村祐輔投手が4回72球、4安打3失点(自責点2)でマウンドを降りた。

 3点をもらい迎えた初回に、宮本に2号ソロを浴びるなど2失点。三回は先頭・戸柱の四球をきっかけに、梶谷の左中間への適時打で3-3の同点とされた。

 味方の失策もあって三、四回と走者を背負う苦しい投球が続いた。野村は「先に点をとってもらったのに追い付かれてしまい、試合をつくれずチーム、中継ぎに迷惑をかけて申し訳ない。失投もあり、しっかりと投げ切ることができず、自分の投球ができませんでした」と唇をかんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス