文字サイズ

薮田課題“1敗” ノーワインドから四球で乱れ5回5失点

 5回、日本ハム打線につかまる薮田(中央)=撮影・飯室逸平
1枚拡大

 「オープン戦、広島0-5日本ハム」(13日、マツダスタジアム)

 悔しさがにじんでいた。広島・薮田和樹投手の口から真っ先に飛び出したのは「いいところが一つもなかった」という言葉だった。細心の注意を払っていた四球をきっかけに招いた失点。最もやってはいけない投球だった。

 五回無死一塁で、打席に清水を迎えた場面。カウント2-2から一走・岡をけん制タッチアウトにした。唇をかんだのはその直後の投球。2球続けてボールとなり、四球で出塁を許してしまった。

 「あれがすべて。一番、やってはいけない」。その後、集中力が途切れ3本の適時打を浴びて4失点。球数もこの回だけで40球を要した。四回まで走者を出しても続けていた粘りの投球が、わずか2球でできなくなった。

 課題が明確になったとも言える。セットポジションからの投球に安定感はあったが、ノーワインドアップでは制球を乱した。5回のうち先頭の出塁を4度許し、五回も失点の引き金となった清水への四球は、走者がなくなりノーワインドアップに戻した直後の連続ボールだった。

 5回4安打6四死球5失点(自責点3)に、緒方監督は「2年目(結果を出した翌年)での目線で見て、同じことを繰り返してもらっては…」と反省を促すと「大きく期待する投手」と話した。「ワインドだけだと思う」と薮田。突きつけられた課題を克服していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス