文字サイズ

広島の薮田、4回5失点に唇噛む「いいところが1つもなかった」

力投する広島・薮田和樹=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
力投する広島先発の薮田和樹=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「オープン戦、広島-日本ハム」(13日、マツダスタジアム)

 広島の薮田和樹投手は5回、93球を投げ4安打5四死球5失点(自責点3)だった。

 初回に1点を失うと、二回以降は粘り強い投球で無失点。だが五回につかまり一挙4点を失った。

 四球をきっかけに走者をためると松本、近藤、レアードに適時打を浴びた。「いいところが1つもなかった。五回はけん制アウトがあって、その次に四球。一番、やってはいけないこと。流れを悪くした。五回に崩れたのが一番の反省です」と唇を結んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス