文字サイズ

美間 侍組&安部いぬ間にアピる 「ここで結果を残したい」

 広島・美間優槻内野手(23)が2日、マツダスタジアムでの全体練習に参加し、3日からの西武とのオープン戦2連戦(佐賀、長崎)でのアピールを誓った。今回の九州遠征には侍ジャパンメンバーの田中、菊池、西川と腰痛症の安部が不在。絶好のアピール機で1軍生き残りを狙う。

 額に汗をにじませ、美間がグラウンドから引き揚げてきた。堂林、鈴木、坂倉らと特打に参加。佐賀出発前に納得の準備を整えた。

 「悪くないんですけど、ちょっとバラバラで…。誠也に上半身が強いと言われたので、下半身の力を伝えられるように意識して打っていました」。打撃状態に首をひねっていたが、同期のアドバイスで復調のきっかけをつかんだ。

 絶好のアピールチャンスだ。3、4日の西武とのオープン戦2連戦には内野の主力組が不在。田中、菊池、西川は侍ジャパン強化試合に出場し、同じ三塁手の安部は腰痛症で別メニュー中。本職の三塁、さらに二塁も守る美間の出場機会は間違いなく増えそうとあって、さらに気合を入れた。

 「安部さんもいないのでここで結果を残したい。(二塁は)菊池さんのようにうまくはできないけど、僕なりの範囲で捕れるようにできたらいいと思う」

 開幕1軍生き残りをかけた競争がいよいよ本格化する。昨秋キャンプでの成長が認められ、今春は1軍キャンプ切符をゲット。実戦でも数少ない打席で快音を響かせたが、強烈なインパクトを残すまでには至っていない。新井、エルドレッド、小窪も1軍に合流し、右の代打枠も激戦区。持ち味のパンチ力と若さで存在感を見せる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス