文字サイズ

ジャクソン、タフさアピール 2年連続60登板超えの疲労は「ない」

“相棒”と共に今季の活躍を誓うジャクソン(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 広島のジェイ・ジャクソン投手と新外国人のレオネル・カンポス投手が27日、マツダスタジアムで自主トレを行った。キャッチボールや筋力トレーニングなど約2時間、汗を流した。

 ジャクソンは前日26日に再来日し、深夜に広島入り。カープでのプレーは今季で3年目を迎えた。アメリカでは、フロリダにあるメジャーリーガーも通うトレーニング施設で体作りを行ってきた。2年連続で60試合に登板しているが、疲労の蓄積は「ない」と即答。今季もフル回転を誓い「みんなで優勝をしたい」と力を込めた。

 カンポスは、ジャクソンに日本で成功するための秘訣(ひけつ)を聞いていく構えだ。2人は15年にパドレスの3Aでチームメートだった。ともにブルペンを支え、気心が知れており「彼は広島に2年いる。経験とかいろいろなことをアドバイスしてくれると思うよ」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス