文字サイズ

緒方監督×安仁屋OB会長新春対談【前編】3連覇と日本一にカギは投手陣

 セ・リーグ連覇時の写真に「三連覇 日本一」と今年の決意を書き込んだ緒方監督(左)と安仁屋氏(撮影・吉澤敬太)
 
2枚2枚

 4年目の指揮を執る広島・緒方孝市監督(49)とカープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(73)が、恒例の新春対談を行った。昨季、37年ぶりのリーグ連覇を果たしながら成し遂げられなかった日本一が、今年の最大の目標。広島を愛する2人が熱く語り合った。まずは前編から。

 安仁屋「明けましておめでとう。今年もよろしくお願いします」

 緒方「よろしくお願いします」

 安仁屋「去年もいろいろ楽しませてもらった。カープが強いというのが一番。誰かが抜けたら誰かが出てくる。いい例が一昨年はマエケンが抜けて、野村が出てきた。去年は黒田が辞めて薮田が出てきた。そういうのがすごくいいね。全体的に見ても若い選手と中堅、ベテランがうまくかみ合っている」

 緒方「去年、戦う上でポイントに置いていたのは投手陣。リーグ3連覇と日本一を狙う今季もカギはそこです。投手陣をもう一度、しっかり整備していきたい」

 安仁屋「投手は何人いてもいいんだからね」

 緒方「去年、九里は本当によく頑張ってくれたし、大瀬良や祐輔(野村)も1年間、仕事をしてくれた。でも、ジョンソンは納得のいかない数字しか残せなかったし、岡田もCSで投げられず、最後に悔しい思いをした。投手陣は去年の経験を踏まえた上でもう一段階、成長する姿を見せてほしい。高いレベルで競争してほしいと思っています」

 安仁屋「競争は今年も激しそうだ」

 緒方「選手たちには自分たちのポジションを勝ち取れということを伝えたいです。その中にどんどん若い選手も入ってほしい。左投手が不足しているし、1人でも2人でも出てきてほしい。年数や年齢は関係ない。いいものを見せてくれたら使います」

 安仁屋「薮田もまた競争になる」

 緒方「最高勝率のタイトルを取ったけど、彼のポジションを今年も用意しているわけではない。また、しっかりと素晴らしい投球を見せてもらって、開幕投手に名乗りを上げるぐらいになってほしい。また、それを許さないように祐輔、大瀬良、岡田らも頑張らないと。去年、ほとんどチャンスがなかった福井、加藤にしてもそう。いくらでもチャンスは転がっているし、それを勝ち取るのは自分自身の力です」

 安仁屋「個人的には、今年も福井に期待する。結婚し、奮起してくれると思う」

 緒方「薮田や九里は去年結婚して、責任感というのか、マウンド上でこれまでとは違う表情で試合に臨んでいた。やっぱりプライベートが充実しているのは大きい。体調管理ができていて、野球に打ち込める環境になったことが、成績が良くなった要因の一つだと思います。福井は投手陣の中で年齢は上の方になってきた。29歳で上の方というチームは他にはない。カープならではです。言い換えると、それだけ下からの突き上げがあるということ。若いチームで、彼が自分の存在感を出すには結果で示すしかありません。結婚してプライベートも充実した中で野球に取り組んでいけるのだから、私も彼には十分に期待しています」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス