文字サイズ

松山が練習試合で2ラン「しっかりと振れました」 CSファイナルSへ順調

3回、右越えに2ランを放つ松山(撮影・吉澤敬太)
3回、右越えに2ランを放ち、田中(左)、薮田(右)らナインから祝福される松山(撮影・吉澤敬太)
3回広島2死一塁、右越えに2ランを放ちナインとタッチを交わす松山竜平。右奥は一走・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「練習試合、広島15-2JR西日本」(11日、マツダスタジアム)

 広島が5本塁打を含む20安打15得点と快勝した。「4番・左翼」で出場した松山竜平外野手(32)は三回に2ランを放った。

 2-1の三回2死一塁。左腕・西川の初球、内角寄りの132キロ直球を完璧に捉えた。打球は高々と舞い上がり右翼席へ着弾。リードを広げる2ランとなった。「外の真っすぐを想定していたら、甘くきたので、しっかりと振れました」と納得の一打。18日からのCSファイナルSに向けて頼もしい姿を見せつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス