文字サイズ

大瀬良 3年ぶり2桁10勝 規定投球回数もクリア

最終戦で2桁勝利を挙げた大瀬良は好リードの磯村とタッチを交わす
ヤクルト打線を相手に力投する広島・大瀬良大地=マツダスタジアム(撮影・田中太一)
2枚2枚

 「広島3-1ヤクルト」(28日、マツダスタジアム)

 広島の先発・大瀬良が7回7安打1失点の好投で10勝目をマークした。新人時代の14年以来、3年ぶりの2桁勝利を達成し、規定投球回にも到達した。

 この夜は120キロ台の縦に落ちるスライダーが効果的に決まり、「試合の中で感覚も良くなった」と手応え。畝投手コーチも「緩急を使えたのが大きい。抜くボールでカウントを整えられた」と高く評価した。

 CSローテは野村、ジョンソン、薮田の3人が決定的。残り2枠を巡って中村祐、岡田らと争う中、大瀬良がアピールに成功した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス