文字サイズ

広島・松田オーナー 常に危機感「今は金の時代。いつか、鉄や鉛といった苦しい時が来る」

 緒方監督が宙を舞う。ナインにも特大の笑顔の花が咲いた。37年ぶり2度目となるリーグ連覇。広島の松田元オーナー(66)は「連覇の回数で言えば2番目。ジャイアンツと差はあるが、次に位置づけられるのは良い勲章」と目を細めた。

 マツダスタジアムは連日、満員。松田オーナーがこだわったのはソフト、ハードの両面でファンの満足感を上げることだ。ソフト面ではイベント開催や、他球団が応援で使用するグッズをモチーフに、赤バージョンのグッズを作製して来場者にプレゼントする企画など、さまざまな取り組みを行ってきた。

 「苦しい時代を知っている社員はアイデアを出す。今から自分たちで考える癖をつけんといけん。アイデアが財産だ」。若手社員が新たな企画の原案作りを広告代理店任せにしてしまった際には注意喚起した。長く続いた低迷期を経験し、危機感は常に胸の中にある。「今は金の時代。いつか、鉄や鉛といった苦しい時が来るんだから」。どんな時代でも、喜ばれる球団であり続けなければならないという使命感がある。

 09年に開場したマツダスタジアム自体も毎年、進化を続ける。今季前には女性トイレ全てに温水洗浄便座を設置し、快適性を向上させた。「競技だけだったら、負けとかそういうことが必ずある。そういうのが続けば観客数は減る。マツダスタジアムに来たら、何か楽しいことがある。そういう場所にしたいと、いつも思っている」。無限に広がる理想を追い続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス