文字サイズ

岩本、ファウル一転ダメ押しタイムリー リプレー検証で判定覆る

7回広島、広島・岩本貴裕の打球判定をめぐり、審判の元に歩み寄る阪神・金本知憲監督(左)と広島・緒方孝市監督(右)=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神-広島」(16日、京セラドーム大阪)

 広島七回の攻撃で打球のファウル、フェアの判定を巡ってリプレー検証が行われ、判定が覆って広島・岩本の適時打が認められた。

 代打・新井の適時打で1点を加え、4-2と2点にリードを広げた広島は、さらに2死一、三塁の場面で岩本が左翼線へ大きな打球を放った。左翼・大山が追いかけるもキャッチできず、ボールはフェンスに直接当たり外野を転々としたが、審判はファウルの判定を下した。

 これに広島が抗議し、審判団はリプレー検証を実施。約3分間の検証の結果、「ファウルと判定しましたが、リプレー検証の結果、オンライン(フェア)として、ツーアウト二、三塁で試合を再開します」とアナウンスされた。

 ところが、これに収まらないのが広島の緒方監督だ。通常、あの当たりでフェアならば一走は本塁に戻って来られるだけに1得点しか認められず、審判に詰め寄ったが、矛を収めてプレーは二、三塁から再開された。

 なお、その後試合は5-2の広島3点リードで七回裏に入った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス