文字サイズ

新井 途中出場で同点打も…直後に走塁でボーンヘッド

 「DeNA-広島」(5日、横浜スタジアム)

 広島は松山に代わって二回の守りから一塁の守備に就いた新井が1点を追いかける五回に同点打を放った。

 1死一、二塁のチャンスで打席に入った新井は、DeNA先発の井納の3球目を中前へ弾き返し、二走の丸が同点のホームイン。「良いところで打てて良かったです」。三回2死満塁のチャンスでは空振り三振に倒れており、きっちりとその借りを返した。

 しかし、その後がいけなかった。1死満塁から西川の中飛で二走の新井は抜けると判断して二塁ベースを飛び出してしまい、併殺となる走塁ミス。三走の鈴木はタッチアップして生還したためチームに勝ち越し点は入ったが、ベテランらしからぬボーンヘッドだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス