文字サイズ

広島・緒方監督、交流戦を総括 12勝6敗に「我々の野球ができた」

5回、左飛に倒れベンチに戻るエルドレッド(左)の横で選手交代を告げる緒方監督=マツダスタジアム
1枚拡大

 「交流戦、広島4-7ソフトバンク」(18日、マツダスタジアム)

 広島・緒方監督が交流戦を総括した。

 12勝6敗の結果に「我々の野球ができたと思うし圧倒される試合はなかった。勝率1位という形にはなれなかったけど、本当に交流戦の結果については、みんな自信を持っていいと思う」と振り返った。

 交流戦期間中に新たな戦力も出てきた。指揮官は「バティスタがチームに勢いを与えるような活躍をしてくれた」と評価。続けて、「中盤からエースが戻ってきて、先発陣の球数がしっかりそろうことができた」とジョンソンの復帰に手応えを口にした。

 交流戦明けからの戦いに向けて「ちょっと体的にしんどい選手も数多く出てきているので、まずはリーグ戦が始まるまでの4日間、休むことと、しっかりとコンディションを整えることをやって、リーグ戦に備えていきたい」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    サッカー速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス