文字サイズ

広島ドラ1加藤、クオリティースタートも2敗目 6回3失点プロ初被弾も

連敗ストッパーになれず肩を落とす加藤=神宮球場
1枚拡大

 「ヤクルト3-1広島」(21日、神宮球場)

 広島の先発、ドラフト1位・加藤(慶大)が2敗目を喫した。大学時代に慣れ親しんだ神宮のマウンドに戻ってきたが、小刻みに失点を重ね、ツバメ打線のエジキとなった。

 二回に雄平、西田の連打で先制点を献上。四回は2死からの連続四球でピンチを招き、8番大引に中前適時打を打たれた。五回にも2番荒木にプロ初被弾。プロ3試合目は6回5安打3失点だった。

 「前回よりは確かに良かったけど、試合を作った感じはしない。いい時と悪い時がはっきりしているので、コンスタントに安定させないといけない」

 プロ初登板から3試合連続クオリティースタートを達成したが、本人は不満げだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    サッカー速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス