文字サイズ

広島3連勝!エルド先制1号2ラン 中日は開幕4連敗

ヒーローインタビューを終えファンの声援に応える広島・エルドレッド=ナゴヤドーム(撮影・山口登)
3枚

 「中日1-7広島」(4日、ナゴヤドーム)

 セ・リーグ連覇を狙う広島が投打で圧倒し、3連勝を飾った。

 昨季最多賞と最高勝率の広島・野村は、今季初登板で7回4安打1失点と好投。緩いカーブを効果的につかった投球で中日打線を手玉にとった。

 打線は二回にエルドレッドに1号2ランが生まれて先制。田中、菊池、新井も適時打が出て、効果的に得点を加えた。

 エルドレットは「オープン戦の最後から自分のスイングの形ができてうまくシーズンに入れた。チームにはいい選手がいて、素晴らしい野球ができている」と手応えを語った。

 本拠地開幕戦の中日は先発・若松が誤算。3回7安打3失点でKOされ、チームは開幕4連敗となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス