文字サイズ

ジョンソンで快幕!任せろ虎狩り 過去10戦防御率1・49の超お得意様

 2年連続開幕投手を務める広島のクリス・ジョンソン投手(32)が29日、マツダスタジアムでナイター練習に参加。初の開幕戦白星へ向け“虎狩り”に自信を見せた。開幕の相手、阪神は糸井をFA補強したが「自分たちの野球はできる」と自然体。ストライク先行の攻撃的な投球で、チームを開幕ダッシュへ導く。

 開幕マウンドが待ち遠しい。昨年に続いて大役を任され、責任の大きさは承知の上だ。昨季の沢村賞左腕ジョンソンが、開幕ダッシュを約束した。

 「スタートする準備はできている。シーズンのことを考えてワクワクしている。たくさんの投手がいる中で自分に任せてもらって、光栄だし、幸運。先陣を切ってチームを勢いづけたいです」

 淡々とした語り口に自信がにじむ。糸井が加入した新打線で攻略に挑んでくる阪神に対し、ジョンソンはまったくひるまない。オリックス時代の超人と昨季は対戦がなかったが、一昨年は3打数無安打に封じた。

 「昨年、自分たちは今いるメンバーが中心となって優勝を経験できた。昨年の戦いをしっかり続ければ、他のチームが大型補強してもしなくても自分たちの野球はできる。それを信じてやっていく」

 頼もしいデータが、左腕を後押しする。昨年、ジョンソンはマツダスタジアムで12試合に登板し、8勝2敗、防御率1・85。阪神戦は計5試合で3勝1敗、防御率1・91と圧倒した。今季もスタイルは不変だ。「積極的にストライク先行の投球で、打たせて取る投球を心がけたい。先発として長いイニングを投げたい」と頼もしい。

 ナイター練習2日目のこの日はブルペン入り。キャッチボールでは力強いボールを投じ、入念に調整した。来日3年目のシーズンへ、意気込みは十分。目指すは頂点だけだ。

 「リーグ優勝を考えてやっていきたい。チーム一丸となって、先発の仕事を全うして、ベストを尽くしたい」

 外国人投手の2年連続開幕投手は球団史上初。チームを信じ、メッセンジャーとの助っ人対決を制す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス