文字サイズ

広島 ブレイシアが開幕1軍入り ヘーゲンスはインフルエンザB型と診断

1軍に合流し、笑顔で畝龍実投手コーチ(左)とタッチを交わす広島のライアン・ブレイシア=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
球場の外からのファンの声援に手を上げて応えるブレイシア(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 広島のライアン・ブレイシア投手(29)が29日、来日1年目で開幕1軍を決めた。

 中継ぎとして期待されていたヘーゲンズが28日に体調不良を訴え、「インフルエンザB型」と診断されたため、急きょ1軍に合流した。

 ブレイシアは「不運なことだが、自分ではこのチャンスをモノにできるように、自分のボールを投げたい」とキッパリ。2軍はフォームを見直し、直球とスライダーの精度がアップ。「自分を見つめ直すことができた。非常にいい時間だった」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス